ウーマン

長距離は大手業者

トラック

大手が安くつく

一般的なイメージとして、大手の引越し業者に頼むと料金が高く、中小規模の業者を探せば激安料金で作業してくれるところが見つかるイメージがあります。近隣への引越しなら、大手よりも中小に依頼をしたほうが料金は激安になり、融通も利くので大手よりもサービスがよかったりもします。しかし、長距離の引越しとなると逆になるのです。中小の方が遠方だと料金が激安どころか割高になってくることがあるのです。中小が遠方だと割高になってしまう理由は、運送の途中で別の配送業者に運搬を依頼していることが多いからです。中小業者の場合、大手のように全国対応ではなく営業エリア限定されていることが多いです。特に、営業エリア外は運送ルートが確保できていないため、別の業者に配送をお願いすることになります。その分の料金が加算されてしまうので大手よりも割高になってしまうのです。全国展開をしている大手引越し業者の場合、当然各地に拠点がありますので独自の運搬ルートが確立されており、他社を運搬の途中で仲介することがありません。そのため、激安とまではいかないものの、中小よりも遠方の引越しに強いのです。途中で荷物の引継ぎなどがありませんので、安心して依頼をすることができます。ただし、長距離は大手で絶対ということではなく、中小業者にも中にはルートを確保している業者があります。各業者長距離となると見積りをとってみると、料金の差が出やすくなりますので事前によく調べてから依頼をすることです。